K-POPの情報を雑誌感覚で楽しく読む

X1のアルバムまとめ【MV・楽曲解説あり】

Mnet『PRODUCE X 101』から厳しい戦いを経て、期待のグループとしてデビューしたX1。

そんなX1のアルバムをMV、楽曲紹介、作詞・作曲者情報等まで随時更新式でまとめていきたいと思います!

多くの才能と魅力が集まったグループなだけに、これから約5年間の活動がどうなっていくのか楽しみですね♫

X1のアルバム一覧

それではX1のアルバムを全てご紹介していきたいと思います♫

MVやMVがないものに関しては、音楽番組でのステージ動画もご紹介していますので、ぜひ聴きながら楽しんでください♪また、genie musicを参考に楽曲解説もしていきますので、お楽しみに!

※今後はアルバムが発表され次第、随時更新式でご紹介していきます。

\X1プロフィール/

X1のメンバープロフィールを詳しくご紹介…!『PRODUCE X 101』での活躍も振り返ろう!

X1のアルバム発売の流れ

1
デビュー
Dabut Mini Album『비상 : QUANTUM LEAP』

X1アルバム紹介

それではX1の全アルバムをMV、楽曲解説、作詞・作曲・編曲者の情報も交えながらご紹介していきます!

Dabut Mini Album『비상 : QUANTUM LEAP』

出典:https://www.genie.co.kr/

Dabut Mini Album『비상 : QUANTUM LEAP』

【トラックリスト】

1. Stand Up (Intro.)

作詞:황현 (MonoTree)

作曲:황현 (MonoTree),박철근

編曲:황현 (MonoTree),박철근

2. FLASH

作詞:SCORE (13),Megatone (13),Onestar (MonoTree),88247 (13)

作曲:SCORE (13),Megatone (13),Onestar (MonoTree)

編曲:SCORE (13),Megatone (13)

3. 웃을 때 제일 예뻐(Like Always)

作詞:정호현 (e.one),UNO BUCKX (우노벅스)

作曲:정호현 (e.one)

編曲:정호현 (e.one)

4. 괜찮아요(I’m Here For You)

作詞:SCORE (13),Megatone (13),Door (13),J.Rise

作曲:SCORE (13),Megatone (13),Door (13)

編曲:SCORE (13),Megatone (13)

5. U GOT IT (X1 Ver.)

作詞:키겐

作曲:Noheul (노을),Sean Michael Alexander,Drew Ryan Scott

編曲:Noheul (노을)

6. 움직여 (MOVE) (Prod. by ZICO) (X1 Ver.)

作詞:지코 (Zico)

作曲:지코 (Zico),poptime

編曲:지코 (Zico),poptime

7. _지마 (X1-MA) (X1 Ver.)

作詞:PRODUCE X 101

作曲:Fredrik Figge Bostrom,조미쉘 (Singing Beetle),Albin Nordqvist

編曲:Fredrik Figge Bostrom,조미쉘 (Singing Beetle),Albin Nordqvist

【楽曲解説】

1. Stand Up (Intro.)

X1の始まりを知らせる、『Stand Up』。サブベースとノイズで始まり、途中から一瞬出てくるメンバー全員の提唱がポイント。ギターリフとドラムはX1のメンバー達の情熱を込めた歌詞と一緒にX1の華やかな“飛翔”を聞かせてくれます。特に上でご紹介しているデビューショーコンでの登場シーンには、「これからX1としての活動がスタートするんだ…」と息を飲んだファンの方は多いのではないでしょうか。

また、イントロの上昇を続けているピアノアルペジオに加え、コーラスパートのメロディも一段ずつ上昇する音響を使用することで、アルバムのタイトルでもある“飛翔”のアイデアを音楽的に表現しています。

2. FLASH

X1のデビュー曲が『FLASH』。そんな『FLASH』はハウスとフューチャートラップが融合されたEDMジャンルの曲で、“飛翔”を夢見るX1の誕生と抱負を知らせる曲。

デビュー曲らしくグループとしての方向性や音楽性もうかがえる中、各メンバーの個性と多彩な音色を存分に楽しむことのできる構成にもなっており、一層魅力が伝わってくる曲に仕上がっています。

メンバー達も習得するのにかなり苦戦したという派手で難易度の高いハイレベルなパフォーマンスもこの曲の魅力。

3. 웃을 때 제일 예뻐(Like Always)

『웃을 때 제일 예뻐(Like Always)』は、X1のメンバー達が、ONE IT(X1のファン)へ向けたメッセージが詰まった、ファンソング。

シンセポップベースのダンス曲で、ステージパフォーマンスもX1のメンバー達のONNE ITへの気持ちが込められているようにも見え、心が明るくなるような温かくなるような感じがありますね。

X1がONE ITから受けたい愛についてではなく、X1がONE ITへ与えたい愛についてのメッセージが込められた歌詞にもぜひ注目してほしいなと思います。大変な時に慰めてあげたい気持ちが歌われており、X1にとってもONE ITにとってもこれからずっと大切な曲になるのではないでしょうか。

イントロはX1がONE ITに話したい話を入力する音をASMRで表現。聞く楽しさが加えられています。

MEMO
UNO BUCKX (우노벅스)

トラックリストでご紹介したのですが、『웃을 때 제일 예뻐(Like Always)』の作詞には前シリーズ『PRODUCE101 season2』に参加し、Aクラスとなった実力派練習生だった(デビュー経験者でした)、キム・ナムヒョン(UNO BUCKX (우노벅스))が参加しています。現在は一緒に『PRODUCE101 season2』に参加したチョン・ドンスと一緒にAAというユニットで活動しています。

4. 괜찮아요(I’m Here For You)

5. U GOT IT (X1 Ver.)

『U GOT IT』はMnet『PRODUCE X 101』のコンセプト評価の課題曲のひとつで、コンセプト評価5曲中で1位を獲得した人気曲が、X1のデビューアルバムにもX1バージョンとして収録されました(『PRODUCE X 101』ではスンウ、ウソク、ヨハン、ジュノ、ウンサンがパフォーマンスした曲ですね)。

『U GOT IT』はFuture EDMをベースにリズミカルなリズムが引き立ち、セクシーなパフォーマンスに注目の、ダンス曲。

この愛を必ず守るという意志、『U GOT IT』というタイトル通りうまくいっただろうという内容を歌詞に盛り込んでおり、人気作曲家が作り出すトレンディなメロディーも多くの人に愛される理由でしょう。

6. 움직여 (MOVE) (Prod. by ZICO) (X1 Ver.)

『움직여 (MOVE) (Prod. by ZICO)(X1 Ver.)』はMnet『PRODUCE X 101』のコンセプト評価の課題曲のひとつで、コンセプト評価5曲中で2位を獲得した人気曲!デモを聞いた段階では練習生達の中では圧倒的な人気を誇っていました。そんな『움직여 (MOVE) (Prod. by ZICO)(X1 Ver.)』が、X1のデビューアルバムにもX1バージョンとして収録されました(『PRODUCE X 101』ではスンヨン、ハンギョルがパフォーマンスした曲ですね)。

ローファイ(Lo-Fi)なベースで開始され、サビのフルートラインにつながるダイナミックな構成が特徴であるメインストリームポップ曲。Block Bのリーダーとして活躍し、現在はソロのHIPHOPアーティストとして活躍するZicoだからこそ醸し出せるその雰囲気や曲調で、トレンド感がありながらも、いい意味でどこかアイドルとしてのキャッチーさもある音楽は多くの人を虜に。

歌詞には「世界を動かすもの」という強烈なメッセージが込められています。

MEMO
Lo-Fi(ローファイ)って…?

Lo-Fiはそもそもがlow fidelityの略。ノイズなどを加えることによってどこか懐かしい雰囲気を漂わせることを指します。

2016年から2017年ごろから流行り始めたLo-Fi HIPHOPが流行り始めたのですが、その名の通り、Lo-Fiの要素があるHIPHOP音楽を一般に表します。HIPHOPといえば力強くてリズム感が強い、ダンス曲など激しめな曲が多い印象ですが…Lo-Fi HIPHOPはピアノや崩したジャズが使用されたり、歌詞のないインストゥルメンタルなものも多く、音楽が詳しくない人からするとHIPHOPなの…?と思うような比較的静かで、詩的な歌詞を使用していたりすることが多いです。

7. _지마 (X1-MA) (X1 Ver.)

Mnet『PRODUCE X 101』のシグナルソング(テーマソング)、『_지마 (X1-MA) (X1 Ver.)』。X1のアルバムにはX1バージョンとなってCD Onlyで収録されています。

この『_지마 (X1-MA) (X1 Ver.)』はグラディエーターアリーナEDMラテンな

「投げ出さないで」、「自分に負けないで」といった歌詞が、夢に向かっていく

 

error: Content is protected !!