MCNDが2022年7月7日についにカムバック!4thミニアルバム『THE EARTH:SECRET MISSION CHAPTER.2』リリース!タイトル曲は『#MOOD』

MCNDが2022年7月7日に4thミニアルバム『THE EARTH:SECRET MISSION CHAPTER.2』をリリースしてついにカムバック!
ダンスパフォーマンス・自主制作ドルらしい独自性のある自作曲が強みのMCND。
欧州ツアーを終えてさらに成長したMCNDのパフォーマンスが存分に見られるタイトル曲『#MOOD』に要注目!

※本記事はOSENの記事を参考にしています。

目次

MCNDが4th ミニアルバム『THE EARTH: SECRET MISSION Chapter.2』でカムバック

出典:OSEN

MCNDが2022年7月7日に4th ミニアルバム『THE EARTH: SECRET MISSION Chapter.2』をリリースして、11ヶ月ぶりにカムバック!

MZ世代らしい直感的なシンボルと多彩なイメージを盛り込んだ本アルバムは、トレンディな音楽でMZ世代とコミュニケーションをとろうという意味はもちろん、リーダーのCastle.Jが作詞・共同作曲に参加して、自主制作ドルとしての地位を固めた。

Castle.Jは、カムバックショーケースで、第4世代アイドルグループのうち、MCNDならではの差別点として「自主プロデュースが可能というのがMCNDの強みだと思う。僕たちが伝えたいメッセージを僕たちだけの言葉で伝えられるのが長所。 メンバー5人ともメインダンサーだと自負できるほど、パフォーマンスが長所のグループ。ダンスの実力、自主プロデュースという点がMCNDの長所のようだ」と話す。

続けて「普通、ライブの練習ではMRとマイクで練習しますが、僕たちはマイクを着用せずにMRだけ流して、伴奏の音を突き抜けられるように生の声で練習している。 何よりもよく伝わらなければならないので、ダンスを踊っている最中でもライブが揺れないよう、マイクを着用せずに踊りながらライブ練習をしている」とライブ力が強みのMCNDらしい練習方法も明らかにした。

それだけに、楽曲だけでなく、音楽番組での生パフォーマンスにも注目したい。

MZ世代とは?
ミレニアル世代とZ世代を掛け合わせた言葉で、最近韓国でよく使われている言葉のひとつ。
ミレニアル世代とは、1980年代前半から1996年ころに生まれた世代のことで、アナログからデジタルの過渡期を経験した世代を指し、Z世代は1997年ころから2010年ころまでに生まれた世代で、生まれた時からデジタル環境が整っていた世代を指します。
韓国では、2019年時点でMZ世代の割合が韓国人口の34%ほどを占めていると言われています。

『#MOOD』MV

4th ミニアルバム『THE EARTH: SECRET MISSION Chapter.2』のタイトル曲は、『#MOOD』。

新アルバムのタイトル曲『#MOOD』は、“YOUNG”とトレンディなエネルギーを最大化したトラックで、“FUN(面白い・楽しい)”ながらも“DYNAMIC(ダイナミックな・大胆な)”なカル群舞がキリングポイント。

リーダーのCastle.Jは、「パワフルなパフォーマンスと安定したライブまで、すべて可能だという点をアピールした」と話した。

おわりに

出典:OSEN

MCNDは2022年4月、欧州6カ国7都市で初の欧州ツアーを成功裏に終えたばかり。

BICは「ツアーを通して、MCNDを好きでいてくれるファンがこんなにも多かったんだということを初めて知った。ステージに初めて立つときは大変だったけれど、徐々にエネルギー分配する能力が増した」と語り、ミンジェは「すごく気分がいい。 初めて歌手の夢を持った時から夢見てきた舞台であり、MCNDとファンでいっぱいになった舞台が本当に良かった」と話した。

Castle.Jは今回のツアーについて「熱い現地での人気は全く予想できませんでした。僕たちも公演をしながら毎公演が新しいものになった。 オフラインでファンの方々と舞台を飾ることができるという事実に感謝しました。僕たちをコロナパンデミック以後、初めて海外でヨーロッパツアーをしたアイドルとして認識して下さったことに感謝しています。 実はすごく心配していました。 ファンの皆さんの前で舞台をしてみた経験がなかったし、MCNDだけの曲で公演をしたけれど、とても気に入って下さって『僕たちはこのためにこの職業を選んだんだ』という感じがして新鮮だった」と話している。

前回のカムバックから11ヶ月空いたが、空白を破るMCNDらしいパワフルなステージは健在。

これから出演する音楽番組でのパフォーマンスに要注目!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SNAPSHOT編集部です。
『K-POPのひとつひとつの情報を丁寧にまとめ、いつでも好きな時に欲しい情報を、雑誌感覚で楽しく見ることができる便利なサイトであること』『韓国が好きな方々に年齢問わず楽しんでいただけるような韓国情報サイトとして進化していくこと』を目標にサイト運営に努めています。

目次