NOA(風間ノア)のプロフィール!TBS『君の花になる』久留島巧役でドラマ初出演!K-POPアイドルになるはずだった?元YG練習生って本当?【8ROOM】【ソロアーティスト・俳優】

TBSドラマ『君の花になる』で俳優デビューをした、NOA(風間ノア)。
現在、TBSドラマ『君の花になる』の中で登場するアイドルグループ、8ROOM(ブルーム)の久留島巧として活躍中。
そんなNOA(風間ノア)といえば、アミューズから2020年1月に1st Digital Single『LIGHTS UP』をリリースしてソロアーティストデビュー。
自ら楽曲を制作している才能豊かなNOA(風間ノア)は、国内外のアーティストとも積極的にコラボしており、着実に活動の場を広げ、グローバルに活動を行っています。
また、NOA(風間ノア)といえば、K-POPファンからもよく知られる存在なのではないでしょうか。
今回は、NOA(風間ノア)のプロフィールと、YG Entertainmentに所属していた時代のことや、親しいK-POPアイドルについても深掘りしていきます。

筆者(Neon)はこんな人です

  • K-POP雑食ペン
  • 熱しやすい
  • 20代後半女子
Neon

K-POP雑食ペンならではの観点で、K-POPについて、そしてK-POPアイドルについての情報をわかりやすく詳細にご紹介していきます!

目次

NOA(風間ノア)のプロフィール

基本プロフィール

芸名:NOA(ノア)

本名:風間 ノア(かざま のあ)

英語表記:Kazama Noa

生年月日:2000年3月13日

出身地:日本 東京都

国籍:日本

兄弟:?

血液型:?

身長:183cm

体重:?

学歴: ?

MBTI:?

NOA(風間ノア)の趣味

NOA(風間ノア)の趣味は、スケートボード。

これだけ聞いても、運動神経が良さそうな感じがしますよね!

NOA(風間ノア)の特技

NOA(風間ノア)の特技は、作詞・作曲とダンスだそう。

ミュージシャン・シンガーソングライターということで、自身の楽曲は全て自らで手がけているNOA(風間ノア)。

特技に挙げるくらいなので、本当に音楽が大好きで、天職なのでしょう。

また、この後ご紹介しますが…NOA(風間ノア)は韓国の4大芸能事務所のひとつ、YG Entertainment(BLACKPINK・TREASUREなどが所属)の練習生として過ごしてきた経歴があります。

ダンスの実力も相当なものがあるんです◎

NOA(風間ノア)は日本語・韓国語・英語が話せるトリリンガル!

NOA(風間ノア)は、韓国で練習生をしていたこともあり、日本語・韓国語・英語と3つの言語を話すことができます。

グローバルに活躍するアーティストになることを目標にしているNOA(風間ノア)なので、トリリンガルなことは有利になるでしょう。

世界進出しても、この語学力があれば、世界での活動も問題なさそうですね。

NOA(風間ノア)のバースデーカラー

3月13日生まれのバースデーカラーは、柿色(かきいろ)です!

オレンジが換気するイメージには、喜び、活発、陽気、明るい、暖かいなどがあります。

柿色(かきいろ)が持つ特徴は健やかな自分をアピールする元気者で、色言葉は健やかな心身・組織力・大望」となっています。

NOA(風間ノア)のデビュー前の経歴

もともと韓国で練習生として過ごしていた経歴があると噂されているNOA(風間ノア)。

ここでは、NOA(風間ノア)のデビュー前の経歴についてご紹介します。

NOA(風間ノア)が芸能界を目指したきっかけ・理由

NOA(風間ノア)は、幼い頃に『ハイスクール・ミュージカル』を観て、エンターテインメントに興味を持つように。

そして2010年ごろ、YG Entertainmentに所属するBIGBANGNI憧れるようになったNOA(風間ノア)は、2011年ごろに韓国に渡ったそうです。

NOA(風間ノア)は元YG Entertainmentの練習生!一緒に練習していたのは誰?

韓国に滞在していたNOA(風間ノア)は、12歳の頃(おそらく2011年)、美容室でYG Entertainmentからスカウトを受けました。

その後YG Entertainment初の日本人練習生になり、約6年間過ごすも、ソウルで見たONE OK ROCKの公演を観たことがきっかけとなり、2018年に帰国。

6年の間に一緒に過ごしたK-POPアイドルは沢山いますが、特に仲がいい(だろう)K-POPアイドルや有名人たちをご紹介します。

TREASURE ヒョンソク・ジフン・ジュンギュ・ドヨン

この後にご紹介するメンバーもそうなのですが、NOA(風間ノア)は、YG Entertainmentの練習生の中でもトップの実力を誇っていたメンバーたち“シルバーボーイズ(シルボ)”のうちの1人でした。

TREASURE ヒョンソク・ジフン・ジュンギュ・ドヨン、パン・イェダム、CIX BX・スンフン、AB6IX ウン、YG Entertainment所属プロデューサー レソン、Mnet『PRODUCE X 101』に出演したイ・ミダム、そしてNOA(風間ノア)が“シルバーボーイズ(シルボ)”と呼ばれるメンバーたちです。

ヒョンソクは2015年にYGに入社しており、ノアとは3年ほど一緒に過ごした計算になります。

ジフンはNOA(風間ノア)と同い年で、2016年にYGに入社しているので、ノアとは2年ほど一緒に過ごしたはずです。

ジュンギュは韓国でいうとNOA(風間ノア)と同い年。2014年に入社しているので、ノアとは4年という長い時間を一緒に過ごしたと思われます。

ドヨンは2015年にYGに入社しており、3年ほどNOA(風間ノア)と一緒に過ごしたのではないでしょうか。3歳も違うので、可愛がられていたのかも…?

パン・イェダム

“シルバーボーイズ(シルボ)”の1人で、SBS『K-POP STAR 2』で当時10歳という若さで史上最年少 準優勝を果たしたパン・イェダム。

YG Entertainmentへは2013年に入社しており、ノアとは5年ほど一緒に過ごしたのではないかと予想できます。

CIX BX&スンフン

CIXのBXとスンフンも、“シルバーボーイズ(シルボ)”のメンバーで、元YG Entertainmentの練習生です。

BXは2016年初めにYGの練習生になったので、NOA(風間ノア)とは2年ほど一緒に過ごしたと思われます。ちなみにNOA(風間ノア)より3歳年上です。

スンフンは2016年半ばにYGの練習生になりました。NOA(風間ノア)とは2年弱、練習生として一緒に過ごした計算になります。スンフンはNOA(風間ノア)より1歳年上です。

CIXのライブにNOA(風間ノア)が足を運ぶなど、今もまだ交流があります◎(もちろん他の人とも交流はあると思いますが)

AB6IX ウン

AB6IXのウンも“シルバーボーイズ(シルボ)”の1人です。

ウンはWoollim Entertainment ▶︎ JYP Entertainment ▶︎ YG Entertainment ▶︎ BRANDNEW MUSICとさまざまな芸能事務所の練習生として過ごしてきました。

2015年ごろにはJYP Entertainmentの練習生として過ごしていることが確認でき、2018年終わり頃にはBRANDNEW MUSICの練習生になっていることから、NOA(風間ノア)とはYGで2年ほど一緒に過ごしたのでは…?と予測できます。

この2人に関しては、唯一デビュー後にコラボの経験があります。

ノアの楽曲にフィーチャリングという形でウンが参加していて、それが上記にご紹介している動画です。

コロナ禍ということもあり、実はこれ、別撮りなんですよ…!(そこまでしてもコラボするって、余程の仲ですよね。)

YG Entertainment所属プロデューサー レソン(MILLENNIUM)

“シルバーボーイズ(シルボ)”の中心人物だったレソン(MILLENNIUM)。

現在はプロデューサーに転向しており、iKON『LOVE SCENARIO』の楽曲制作に携わったことでも有名。

そんなレソン(MILLENNIUM)SBS『K-POP STAR』に出演してすぐにYG Entertainmentの練習生になったので、2012年ごろにはすでに練習生生活をスタートさせていたと予想されます。

NOA(風間ノア)より唯一先に入社していたメンバーで、NOA(風間ノア)がYGにいた期間(約6年)はずっと一緒に過ごしていたことになります。

レソン(MILLENNIUM)の生年月日は2000年1月1日で、NOA(風間ノア)とは同い年です(韓国では学年が違う可能性もある)。

親交も深く、NOA(風間ノア)のデビュー曲『LIGHTS UP』には、共同制作者として名を連ねています。

元YG Entertainment練習生 イ・ミダム

Mnet『Stray Kids』、JTBC『YG宝石箱』、Mnet『PRODUCE X 101』に出演した経験を持つ、イ・ミダム。

19歳の時点で2〜3年、YG Entertainmentで練習生として過ごしたとのことで、2015〜2016年にYGの練習生になったと見られます。

そのことを考えると、NOA(風間ノア)とは2年〜3年、練習生として過ごしたのではないでしょうか。

イ・ミダムは現在無所属で、海兵隊兵1273期として軍服務中。

2023年2月末で除隊となりますが、その後の活動についてはまだどうなるかはわかっていません。

NOA(風間ノア)ソロアーティストとして日本デビュー

NOA(風間ノア)は、2018年に帰国し、2019年1月10日にアミューズから1st Digital Single『LIGHTS UP』をリリースしてデビュー。

シンガーソングライターであり、コレオグラフィー(振付)もできるマルチな才能を持つアーティストとして注目を集めています。

新曲「LIGHTS UP」には NOAが持つ10代特有のエネルギーがみなぎっている。思わず身体が動いてしまうようなキャッチーなメロディーと、ビートに乗るように英語を多用した印象的なリリック。作詞・作曲・編曲はNOAと、韓国の男性グループ「iKON」の数々のヒット曲を手掛けた作曲家 ‘MILLENNIUM’との共同作品となっている。

 英語と日本語によるオリジナルバージョンは「自らの夢に向かっていく際に、何か困難があっても最終的に必ず出口が見えてくることを信じて、諦めずにその先に見える光に向かって突き進もう」という意思が込められている。韓国語バージョンはピュアな恋心がベースになっており、「愛する人がいるからこそお互いが輝くことが出来る」という内容の歌詞になっている。

 10日午後8時に公開予定のMVは全編、iPhone 11で撮影を行っており、超広角、望遠などの機能を使い、スマートフォンの画面で観やすい縦型の映像を作成。新時代のアーティストにふさわしい、インパクトや時代性を感じることができる作品に仕上がっている。

引用元:ENCOUNT

NOA(風間ノア)の音楽ジャンルは?

ミュージシャン・シンガーソングライターという肩書きを持つNOA(風間ノア)は、自ら楽曲制作を行なっています。

幅広い音楽で型にとらわれないところもNOA(風間ノア)の魅力のひとつ。

基本的な音楽ジャンルは、POPやJ-POP、R&Bです。

シンガーソングライターですが、ダンスも得意なNOA(風間ノア)なので、ダンスができるような音楽を手掛けることが多いのかも。

AB6IX ウンとのコラボ曲が話題!

NOA(風間ノア)が3ヶ月連続デジタル・シングルリリースプロジェクトを始動させ、その第1弾としてYG Entertainmentの練習生時代から親交の深い、AB6IXのメインボーカルを務めるチョン・ウンと『LET GO』を2021年08月22日にリリース。

NOA(風間ノア)のデビュー曲にはレソン(MILLENNIUM)が共同制作という形で携わっていたこともあり、今回のAB6IX ウンとのコラボも“シルバーボーイズ(シルボ)”を知るファンにとって、とても嬉しいものだったのではないでしょうか。

また、コラボの発表後にはNOA(風間ノア)とウンの楽曲制作のオンラインミーティング映像も公開され、2人の仲睦まじい姿に期待の声が沢山寄せられていました。

今回を機に、今後も“シルバーボーイズ(シルボ)”のメンバーたちのコラボが見られると嬉しいですよね。

◆NOA コメント
今回、東京にいる僕、ソウルにいるウンさんとで、それぞれの場所で撮影しました。離れていても一緒にいるかのように僕たち二人の楽しんでいる姿がたくさん詰まっていて、曲のメッセージがより一層伝わるかっこいいミュージックビデオになりました。僕とウンさんと一緒に、皆さんがハッピーになってくれてらすごく嬉しいです。

◆チョン・ウン コメント
NOAのミュージックビデオに参加させていただいて新しい環境で撮影ができて、とても嬉しかったです。直接会って制作はできませんでしたが、日本の景色や韓国の景色を全てミュージックビデオに込めて、意味深い映像になったと思います。僕の大好きな友達NOAと、こんな良い曲を創れて楽しかったです!今度また一緒に制作できるのを楽しみにしています。

引用元:Kstyle

NOA(風間ノアTBS『君の花になる』で俳優デビュー!

NOA(風間ノアは、2022年10月18日に放送スタートした TBS『君の花になる』で俳優デビューを果たしました。

ある出来事により挫折した元高校教師(本田翼)が、ひょんなことから崖っぷちのボーイズグループ8ROOM(ブルーム)の寮母となり、8ROOM(ブルーム)の「トップアーティストになる」という夢に向かって一緒に奮闘していくドラマ。

NOA(風間ノアは、8ROOMの高いパフォーマンスの実力を持ち、クールで完璧そうな雰囲気を持ちつつも実はド天然というギャップを持つ久留島巧役で出演中。

【8LOOM プロフィール】

TBS系火曜ドラマ『君の花になる』発の期間限定ボーイズグループ。
高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝からなる7人組。
オーディションを通し、芝居・ダンス・ボーカルとそれぞれの得意分野とバックボーンが異なるフレッシュな個性のある若手を選抜。劇中に登場するだけでなく、ドラマ楽曲の発表、物語と連動したライブ、イベントの開催など、現実世界でも期間限定グループとして実際に活動し、多岐にわたる活動を行っていく。グループ名には『君の花になる』というドラマタイトル同様、“君のために咲く花”という意味が込められている。

引用元:Virquin MUSIC

8ROOMは実際に楽曲リリースもし、つい先日行われてたKCON JAPAN 2022のオープニングステージにも立つなど、注目を集める存在に。

8ROOM

ドラマでも実際に流れている8ROOMの『Come Again』。

振付は世界的な日本人ダンサー、ReiNaさんが担当(NCT U『Make A Wish』、NCT127『Favotite』等の振付を担当)。

「Come Again」は、良いことばかりではない人生、挫けそうになる時もある日々の中で、前向きに明日を模索する全ての人の背中を押す、力強いメッセージに溢れたダンスチューン。8ROOMの記念すべき1stシングルに相応しいアップリフティングな楽曲だ。劇中で描かれる、挫折しながらも前へ向かっていく主人公・あす花や8ROOMメンバーの姿も象徴している。

引用元:TBS

おわりに

今回はYG Entertainmentで6年間練習生として過ごしたのち、日本に帰国後はアミューズからミュージシャン・シンガーソングライターとしてデビューし、ソロアーティストとして活躍するNOA(風間ノア)のプロフィールをご紹介しました。

YGを離れてからも、NOA(風間ノア)のデビュー曲には練習生時代を共にしたレソン(MILLENNIUM)が共同制作者として参加したり、AB6IXのウンとコラボ曲をリリースしたりと、親交があることがわかりましたね。

また、現在はTBSドラマ『君の花になる』に出演中。

劇中に出てくる8ROOM(ブルーム)というアイドルグループの久留島巧役として、演技にも奮闘中ですが、8ROOMは現実世界でも楽曲リリースするなど、今かなり注目を集めているんです…!

俳優としてのキャリアも歩み始めたNOA(風間ノア)ですが、ミュージシャン・シンガーソングライターとしてはグローバルに活動することを目標に活動中。

ぜひ音楽活動にも注目してみてくださいね!

PR

ぜひみなさんの“推し”の魅力を教えてください!
みなさんの推しの布教を手伝います💪

こんなことを取り扱います

  1. アルバム
  2. MV
  3. コンセプトフォト(コンポ)
  4. ダンス動画
  5. リアリティ番組の動画
  6. サバイバルオーディション番組の動画
  7. ペンライト
  8. 画報などの写真
  9. 各事務所が出すオフショット写真
  10. ランキング(投票を伴うもの)

\ STARSNAPを見にいく/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Neonのアバター Neon K-POP雑食ペン

複数サイトでK-POPや韓国関連記事を書いている、雑食ペンのNeonです😊☁️
SNAPSHOTおよびSNAPSHOT visualの管理人でもあります。
雑食ペンということを生かし、メジャーなアイドルからマイナーなアイドルまで幅広くご紹介🖋
好きなアイドル:AB6IX / YOUNITE / CIX / EPEX / TNX / ATBO etc.

目次