MENU

\条件を指定してすばやく探そう!/

全て埋めなくてもOK!絞りたいところだけ選択してください◎

Archive
Calendar
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 
アンケートのご回答ありがとうございました! 『MBTIタイプ別!惹かれやすいK-POPアイドルのMBTIタイプ』更新しました!

【動画多数】グループの魅力がたくさん詰まった“パートスイッチ”が面白い!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

K-POPアイドルならみんなやってる…?パートスイッチ動画が面白い!そのグループの雰囲気も一瞬でわかる?そんな楽しいコンテンツ、知らないと損!
様々なグループのパートスイッチ動画をグループの人数が少ない順にご紹介していきます!

目次

パートスイッチが面白い!

出典:https://www.facebook.com/gncd11/photos/

今回ご紹介するのは、K-POP男性アイドルたちのパートスイッチ(パート入れ替え)動画。

皆さんはパートスイッチ動画を見たことはありますか…?

普段はカル群舞を見せてくれているグループも、パートスイッチ(他の人のポジションを担当)をすることによって、ゴチャゴチャになってしまったり、思わぬハプニングがあったり、ワザと大げさに真似してみたり…パートスイッチをしても全くズレる事なく踊れたり。そのグループの雰囲気やメンバーたちとの関係性、メンバーたちの性格や個性まで発見できるとっても楽しいコンテンツなんです…!

カル群舞とは?
一糸乱れぬダンスを見せること

それではパート入れ替え動画を人数が少ないグループから順にご紹介していきたいと思います!

MXM

今はAB6IXとして活躍する、イム・ヨンミンとキム・ドンヒョンの2人からなるユニット。

2人なのでチェンジするといってもあまり変わりはないんですが、初っ端から立ち位置が逆????すぐ直りますが…

MXMの2人ならではのゆるっとした空気感が癒されるので、ぜひ見てみてください!

AB6IXとして活動する今とはまた少し違ったヨンミンとドンヒョンを見ることができます????

CIX

C9 Entertainmentから2019年にデビューしたばかりの期待の新人グループ、CIX。

Wanna Oneとして既に活躍していたぺ・ジニョンがいることや、サバイバル番組に出演しており、知名度の高かったBX、スンフンがいたり…

公開されてからビジュアルの良さで注目されたヨンヒとヒョンソクの加入が決まったり…

デビュー前からかなり注目度の高かったグループで、デビューしてたった1週間で音楽番組1位を獲得した人気グループです!

それではそんなCIXのパートスイッチを早速みていきましょう!

◼︎パート割

  • BX→ぺ・ジニョン
  • スンフン→ヨンヒ
  • ヨンヒ→スンフン
  • ぺ・ジニョン→ヒョンソク
  • ヒョンソク→BX

5人グループなのであまり人数は多くないですが、人数なんてそんなに関係ありません(笑)!

ジニョン以外はこういったコンテンツは初めてなので、慣れていないところも見受けられますね。

CIXのメンバー達は大袈裟に真似して踊ってみたり、誰かが誰かに指示していたり、静かに踊っていたり、ソツなくこなしたり。メンバーそれぞれでかなり性格が現れています‪????‬

[kanren id=”4471″]

A.C.E

カムバックごとに激しいダンスと難しい隊形のダンスパフォーマンスで魅せてくれるBEAT INRACTIVE所属の5人組グループ、A.C.E!

メインボーカルの1人ドンフン 以外、全員がダンスを得意としているグループで、そのダンスの実力は『THE UNIT』や『MIXNINE』といったサバイバル番組で証明済み。

ダンスの得意なメンバーが多いA.C.Eがパートを入れ替えるとどうなるのか…見ていきましょう!

◼︎パート割

  • ドンフン →チャン
  • WOW→ビョングァン
  • ジュン→WOW
  • ビョングァン→ジュン
  • チャン→ドンフン 

自分を引いてしまってもそのまま進むグループもいますが、それでは面白くないからと全員が違う人のパートを担当するように変更するストイックぶりを最初から発揮しています!

A.C.Eはやはりダンスの実力が高いので、立ち位置さえ決まってしまえば、さすが????カル群舞を見せてくれています!

人数が少なく移動も多い訳ではない、というのもありますが、他のグループに比べると場所を探してうろちょろ…というのは少ない印象でした。

[kanren id=”5777″]

ONEUS

RBW Entertainmentに所属する6人組ボーイズグループで、所属事務所初のダンスグループ、ONEUS。

ヒットメーカーのキム・ドフン代表をはじめ音源に強い事務所と言われていますが、質の良いキャッチーでありながらもグループの個性を存分に楽しめる音楽と、そんな音楽を生かしたディテールにもこだわったダンすパフォーマンスが魅力的。

そこまで人数は多くないONEUSですが…パートスイッチをするとどうなるのか…?早速みていきましょう!

◼︎パート割

  • RAVN→イド
  • ソホ→RAVN
  • イド→ソホ
  • ゴニ→ファヌン
  • ファヌン→シオン
  • シオン→ゴニ

ONEUSは先ほどもお伝えしたように、6人グループなので人数は多くはないですが、デビュー曲『Valkyrie』自体の隊形が難しいので、かなり苦戦しています????

お互いがお互いにどこ?と聞きあっていますが、それぞれが自分の場所を探すのに必死で教えてあげられていないのも、面白いです????

とはいえ、サビやポイントポイントではしっかりと踊れていました!

[kanren id=”2297″]

VERIVERY

Jellyfish Entertainmentから2019年にデビューしたばかりのVERIVERYは7人組グループです。

新人グループらしいフレッシュさと明るくてキャッチーな曲がグループカラーとなっている、VERIVERY。

歌やダンス、ラップとバランスよく実力はありますが、ダンスに注力している!といった感じのグループではないかもしれません。ですが、曲の世界観や歌詞にあった振付が多く、表情管理も上手なので、いつもステージパフォーマンスでは楽しませてくれる印象があります!

◼︎パート割

  • ドンホン→カンミン
  • ホヨン→ゲヒョン
  • ミンチャン→ミンチャン
  • ゲヒョン→ホヨン
  • ヨノ→ヨンスン
  • ヨンスン→ドンホン
  • カンミン→ヨノ

VERIVERYの『Ring Ring Ring』のパートスイッチでは、ミンチャンが自分のパートそのままなので、他のメンバーを見ながら、○○どこいった…?などと喋っていますね。

隊形や振付自体はそこまで難しくない印象ですが…それでもやっぱりパートスイッチは難しい…!

年下のメンバー達がわちゃわちゃする中、最年長のドンホンは静かに踊っていますが、意外と立ち位置が違っていたり。

正解が右下に出ているので、ぜひ見比べて楽しんでください!

[kanren id=”3176″]

VICTON

Play M Entertainment所属の7人組グループ、VICTON!

スンウ、ビョンチャンが『PRODUCE X 101』に出演し、再び注目度も増したグループで、VICTONとしての活動も休止状態にありましたが…再び動き出そうとしています。

VICTON自体は元々ダンスグループ!というグループではありませんが…VICTONらしさがよく表れているパートスイッチなので、早速みていきましょう!

◼︎パート割

  • ハン・スンウ→チェ・ビョンチャン
  • カン・スンシク→チョン・スビン
  • ホ・チャン→ハン・スンウ
  • イム・セジュン→ホ・チャン
  • ド・ハンセ→チェ・ビョンチャン
  • チェ・ビョンチャン→ド・ハンセ
  • チョン・スビン→カン・スンシク

今回の『TIME OF SORROW(오월애 (俉月哀))』はゆったりとしたミディアムテンポのバラードナンバー。

VICTONといえば、家族ドルと呼ばれるくらい仲が良いことで知られています。そんなVICTONらしく、自分のパートを教えてあげたり、ニコニコしながらお互いのことを見ていたり、時々ふざけて真似したり(笑)。グループの仲の良さが伝わってきます????

[kanren id=”4609″]

GOT7

中堅アイドルとなった、JYP Entertainment所属の7人組グループGOT7。

メンバーの半分が韓国人、半分が外国人というかなりグローバルなメンバーが揃うグループで、だからこそ海外公演も多く行い、世界各国のファンを楽しませてくれている人気グループです????

そんなGOT7といえば、ハードでありながらスキルが必要なダンスが特徴のグループなので、果たしてパートスイッチは上手くいくのか…早速見ていきましょう!

◼︎パート割

  • マーク→ジャクソン
  • JB→ジニョン
  • ジャクソン→マーク
  • ジニョン→ユギョム
  • ヨンジェ→JB
  • ベンベン→ベンベン
  • ユギョム→ヨンジ

GOT7も多少わちゃわちゃしているものの‪????‬、普段からお互いの位置も意識しながら練習しているんだな…といった感じや長い間一緒に活動しているからこその息の合い方が所々で感じられます。

多少違っててもいい意味で堂々としてたり(笑)そういうところも、中堅アイドルらしいですね…!

PENTAGON

CUBE Entertainment所属の9人組ボーイズグループ、PENTAGON。この時中国人メンバーのイェナンがいないので、8人体制でのパートスイッチです。

グループとしてコンセプトを明るくて中毒性のある曲に変えてから、物凄くダンスが難しい!隊形が難しい!といった感じではなくなりましたが…

どんな感じなのか、見ていきましょう!

◼︎パート割

  • ジノ→フイ
  • フイ→ウソク
  • ホンソク→マーク
  • シノン→ホンソク
  • ヨウォン→キノ
  • ユウト→ヨウォン
  • キノ→ユウト
  • ウソク→ジノ

PENTAGONのパートスイッチを見てみると…

ちょっと場所が違ったりしても、ふざける方に、面白い方向に走ったりせずに基本的には真面目に踊り続ける!と行った感じのタイプです????

何人かのメンバーは表情までしっかり作っていたり…他のグループに比べて結構余裕…!?

[kanren id=”9137″]

ATEEZ

Block Bの後輩グループとして注目を集める、KQ Entertainment所属の8人組ボーイズグループ、ATEEZ。

海外にダンスを学びにいったり、EDMやHIPHOP色の強いパフォーマンスに力を入れた曲が多いグループです。

ダンス担当メンバーも多く、派手で隊形も複雑に変化するステージはいつも見ていて楽しいですよね…!

そんなATEEZのパートスイッチはどんな感じなのか、見ていきましょう!

◼︎パート割

  • ソンファ→ヨサン
  • ホンジュン→ウヨン
  • ユノ→ジョンホ
  • ヨサン→ミンギ
  • サン→サン
  • ミンギ→ソンファ
  • ウヨン→ホンジュン
  • ジョンホ→ユノ

パート割はこんな感じなのですが…

ATEEZといえば、99年生まれ(ユノ、ヨサン、サン、ミンギ、ウヨン)がとにかく明るくてやんちゃで、おしゃべり好きが多いんです!そんな99LINEのメンバー達が多いからこそ、グループの雰囲気もいつも明るくていい意味で騒がしいATEEZ。

パートスイッチも他のグループと比べても圧倒的に面白い…!真剣に踊るだけではなく、誰かが誰かの真似をしたり(特にホンジュンがウヨンをいじる)、ずっと誰かしらが喋っていたり…とにかくいつ見ても面白いです(笑)!

今回ご紹介した『Pirates King』以外のパートスイッチも面白いので、ぜひチェックしてみてください!

[kanren id=”814″]

Stray Kids

JYP Entertainment所属の9人組ボーイズグループ、Stray Kids。

作詞・作曲・編曲、そして振付などすべて自分たちで完結することのできる、自主制作アイドルとして新人アイドルの中では一線を画しているグループです。

ダークで独特なStray Kidsだけの音楽性をすでに確立している、実力派グループです!

そんなStray Kidsのパートスイッチの様子を早速見ていきましょう!

◼︎パート割

  • ウジン→リノ
  • バン・チャン→チャンビン
  • リノ→ハン
  • チャンビン→スンミン
  • ヒョンジン→ヒョンジン
  • ハン→フィリックス
  • スンミン→ウジン
  • フィリックス→I.N
  • I.N→バン・チャン

曲はStray Kidsの中でも明るいポップな楽曲、『My Pace』。

もともとおしゃべりなメンバーも多いグループなので、最初から曲聞こえる…?というくらいわちゃわちゃしています‪????‬

ふざけたり、そっちじゃない!こっち!と指示しあったり、オーバーに真似したり…メンバー達の中の良さや普段の雰囲気がこの動画を見るだけでもわかってしまいますね…!

[kanren id=”1388″]

SF9

FNC Entertainment初のダンスボーイズグループ、SF9!

韓国国内での活動と日本での活動を始めとした海外活動もバランスよく行っており、日本でも知っている人が多いグループではないでしょうか…?

ちなみにSF9はバンドグループが多いFNCからデビューする初めてのダンスボーイズグループということで、パフォーマンスにはかなり力を入れているグループです…!

それでは早速SF9のパートスイッチを見ていきましょう!

◼︎パート割

  • インソン→テヤン
  • ヨンビン→ロウン
  • ジェユン→参加していません
  • ダウォン→ジュホ
  • ジュホ→フィヨン
  • ロウン→ヨンビン
  • テヤン→チャニ
  • フィヨン→インソン
  • チャニ→ダウォン

最近ではメインダンサーのテヤンやリードダンサーのチャニのソロパフォーマンスがあったり、ダンスがあまり得意でないメンバーが2人のパートに当たると辛いのでは…?という感じですが、メインボーカルのインソンがメインダンサーテヤンのパートに当たっているので、テヤンのソロパートはわざと?面白おかしく担当しているので、見てみてください????

パートスイッチは本当にいろんなタイプがありますが、SF9は立ったまま見ている…というメンバーもいたり、基本緩めです…(笑)!

[kanren id=”9139″]

Golden Child

Woollim Entertainment所属の10人組グループ、Golden Child。“ゴルチャ”の愛称で親しまれているグループですね。

Golden Childは、明るいダンス曲が多く、10人という人数を生かしたダンスも多いグループで、だからこそ人数の少ないグループより移動回数やその距離も大きかったり…最近では踊らずに横に捌けるということもあるので、そもそもがダンスをしない部分もある…というのがどう影響するのか…早速見ていきましょう!

◼︎パート割

  • デヨル→ドンヒョン
  • Y→TAG
  • ジャンジュン→ボミン
  • TAG→スンミン
  • スンミン→ジボム
  • ジェヒョン→ジュチャン
  • ジボム→デヨル
  • ドンヒョン→Y
  • ジュチャン→ジェヒョン
  • ボミン→ジャンジュン

Golden Childはポイントとなるダンスがハッキリとしているので、そういう部分はやっぱり全員揃っていたり…

やはり人数が多いので移動や自分の場所を見つけるのが大変そう…!

結構たくさん話してはいますが、基本的に真面目にしっかりと合わせようと頑張っていて、特に年下のメンバー達が可愛いので、注目してみてみて下さい…!

[kanren id=”8654″]

THE BOYZ

Cre.ker Entertainment(現:IST Entertainment)所属の12人組ボーイズグループ、THE BOYZ!

華のあるビジュアルが12人も揃った、注目の新人グループですよね!

ボーカル、ダンス、ラップと担当がしっかり分かれていて、それぞれの実力も高く実力派。ビジュアルばかりに注目がいきがちですが、ステージを見れば驚くこと間違いなし!

複雑な構成の多いダンスパフォーマンスも注目のTHE BOYZ。早速パートスイッチを見ていきましょう!

◼︎パート割

  • サンヨン→サンヨン
  • ジェイコブ→Q
  • ヨンフン→ケビン
  • ヒョンジェ→ヒョンジェ
  • ジュヨン→ジェイコブ
  • ケビン→ヨンフン
  • NEW→ジュヨン
  • Q→チュ・ハンニョン
  • ハンニョン→ソヌ
  • ファル→エリック
  • ソヌ→NEW
  • エリック→ファル

まさかの2人が自分のパートそのまま!なのですが(笑)

実はそういうメンバーがいる方が面白かったりします。

やはりTHE BOYZも踊らずに横にいる構成も多いので、自分が踊らないところのダンスが曖昧…?かと思えば、よく練習してみているからか、よく踊れている印象!

でもやはり複雑な隊形や移動が多いので、止まっていたり、急に思い出して出てきたり…わちゃわちゃしていて面白いです!

[kanren id=”794″]

SEVENTEEN

PLEDIS Entertainment所属の13人組ボーイズグループ、SEVENTEEN!

中堅グループとなり、K-POPアイドルの中でも常に注目度の高い人気グループとなりました!

“自主制作アイドル”の代表格でもあり、作詞・作曲・編曲、そして振付、ラップメイキングまでそれぞれが高いレベルで行うことのできる実力派グループです!

それでは、今回ご紹介する中で最も人数の多いSEVENTEENのパートスイッチを早速みていきましょう!

SEVENTEENは番組などでの企画ではなく、デビューして間もない段階から公式YouTubeにてパートスイッチ動画をアップしてくれているグループなんです。

他の動画とは違い、練習もしているようなので、綺麗にあっているのですが…

ステージパフォーマンスとは違って魅せるというよりは本人達も楽しんでいる、ほっこりするパートスイッチ動画となっています????

パート入れ替え番外編

出典:https://m.facebook.com/officialvromance/photos/

パートスイッチはダンスグループだけではない…?

ボーカルグループのパートスイッチもご紹介!

VROMANCE

RBW Entertainment所属のボーカルグループ、VROMANCE。

先ほどご紹介したONEUSの先輩グループに当たります。

OSTを担当することも多い、歌唱力に優れたVROMANCEのパートスイッチを早速聞いてみましょう!

◼︎パート割

  • ジャンヒョン→チャンドン
  • ヒョンギュ→ヒョンギュ
  • チャンドン→ヒョンソク
  • ヒョンソク→ジャンヒョン

歌唱力が高いグループなだけに、初めて聞いた方だと多分そんなに違いがわからないのでは…?といったくらい、上手…!

難しそうなのは、マイクが1本しかないために自分のパートが来たら前に出ていかなければいけないので、遅れる所が大変…といったところくらいでしょうか…?

あとは、低音担当のチャンドンが高音がキツそうなくらいで、ハモリも普通にしていたり、やはり上手です…

でも、本人達からするとめっちゃやらかしたらしいです(笑)

おわりに

出典:https://www.facebook.com/officialONEUS/photos/

K-POP男性アイドルのパートスイッチ動画のご紹介でした。

いかがだったでしょうか…?

分からなくてもとにかく踊る、ひたすら騒ぐ、分からなくなって立ち続ける(笑)、真似したりして遊ぶ、位置さえわかれば完璧…などなど…様々なタイプがありましたね!

完璧にこなす音楽番組などでのステージももちろん最高ですが、グループの普段の雰囲気が分かる砕けたこういう企画も楽しいですよね!

これからも面白いコンテンツがあれば随時更新していくので、お楽しみに!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次